コラム

危機管理には高い流動性を

 

こんにちは。

 

コロナウイルスの影響で、自社だけでなく取引先等も資金繰りなどが

厳しくなってきている会社が多くなってきています。

 

景気悪化により状況が更に深刻化すると、併せて資金繰りも深刻化する可能性があります。

不測の事態に重要なのは、やはりキャッシュです。

平時において資金繰りに問題がない状況であったとしても、

有事に備えるため、資金に余裕のある状況を作っておくことは

経営において非常に重要です。

 

これは、普段よりも手元流動性を高めておくということです。

手元流動資金とは、現金預金と短期的に所有している有価証券のことで

通常、手元流動性は月商の2か月分を確保しておきたいところです。

もし、B/S(貸借対照表)において、処分できる資産があれば

現金化を図るのも一つの方法です。

 

また、借入をすることで余裕資金を捻出することも必要になってきます。

経営者の中には、借入れすることにとても罪悪感を感じる方がいらっしゃいます。

勿論、無借金経営を目指し、完遂出来ればそれに勝るものはありません。

 

利息の支払が勿体ないと仰る方もいらっしゃいます。

そのお考えも十分理解できます。

ただ、利息は、全額経費になりますし、まさかに備えるための保険料だと思います。

また、出来うる限り返済期限を長くして、月々の支払を抑えることも大切です。

 

今回、セーフティネット貸付など資金繰りに関しても政府が対策を打ち出していますが

手続きを経て入金されるまでには時間を要します。

「備えあれば憂いなし」で不測の事態に対処できるように、

常に余裕資金を準備しておきたいですね。

 

常に準備を怠りなく

 

こんにちは。

 

コロナウィルスを発端とした株価や原油価格の暴落が

これから世界経済に与えるマイナスの影響は甚大です。

 

時間の経過と共に、次々と悪影響が顕在化してきそうです。

ティッシュペーパー、トイレットペーパーが売り場から消えてしまった

一種のパニック現象に巻き込まれないようにしなくてはなりません。

 

やはり常日頃から最悪を想定して準備をしておくことで

いざという時に慌てず、淡々と対処出来るようにしておくことが

これからとても重要になってきます。

 

経営においても、キャッシュは血液と一緒ですので常に

滞らないようにしておくこと、そのため資金繰り対策は

早め早めに手を打っておく必要があります。

致命傷を負ってしまうとカムバックが難しくなります。

 

現状からすれば景気はどんどん悪化することは目に見えています。

事業構造の安定化を目指し続けることは将来への備えでもあり、

平時でのこの備えは有事に活かされますので、リスクを極小化できるよう

対策をしっかりと立てておきたいところです。

 

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930