コラム

貸借対照表の理解

 

こんにちは。

 

決算書の中の貸借対照表ですが皆さんは理解されていらっしゃるでしょうか?

 

貸借対照表の基本構造は、左側に資産、右側に負債があり、

更に資産と負債の差額として、右側に純資産があります。

 

当然ではありますが、左側の合計と、右側の合計は、必ず一致します。

左側は会社の財産が、今どのような形で残っているかを表しています。

例えば、現金化が早いものとして現金預金や売掛金、在庫や

現金化の遅いものでは土地建物や備品などの固定資産があります。

 

次に右側の負債の方は左側の資産を持つために、

どのようにお金を調達してきたかを表しています。

買掛金、未払金などは一時的に他社から借りているということですし

借入金は銀行から借りていますね。

 

あと右側の純資産は、他者から借りてきて調達したのではなく、

自分で資金を作ったものですので、返済不要な資金の調達方法です。

ご存じの資本金や資本剰余金がありますね。

また、利益剰余金は、事業で稼いだ利益から、税金を支払った残金で、

内部留保したものとなります。

ここを増やしていくと純資産額が増えますので、それに対応する左側の

現金等の資産も増えていきます。

 

純資産の額がいくらで、自己資本比率は何%ですと良く聞かれると思います。

比率が高くなると健全な経営、倒産しにくい経営が出来ているということです。

やはり、常に純資産額が増えるような経営が理想です。

 

貸借対照表の内容をよく理解して、常に会社の実態を知ることで、適切な経営判断を

心がけていきたいところです。

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930