コラム

リスクに備えるために

 

こんにちは。

 

少しずつ企業活動も再開に動いてきていますが、今回のコロナウイルスは、

中小企業の有事での資金流動性の厳しさが明らかになったと思います。

 

今回の様に危機はいつ何時やってくるか分かりません。

そのためにも余裕のある手元資金を確保しておくことは経営者の使命でもあります。

例えば飲食業で見ますと、通常現金商売であるため支払いは入金よりも後になる事が

多い商売ですので、手元資金の確保にはある程度準備が整えやすいはずですが、

直ぐに月末の支払いに支障が出るというのであれは、そもそも純粋な手元資金が

無かったということになります。

 

借入れをすると返済しなければならないし、利息負担もあるから・・

確かにそうですが借り入れた資金を使用せずに持っておくと良いでしょう。

資金が足りなくなると、経営者は常に資金のことで頭が一杯になり、

積極的な取り組みをすることは難しくなります。

これでは経営向上に繋げることは難しいのではと皆さんもお感じになるでしょう。

 

では、どの程度の資金をプールしておけばよいのでしょうか?

これは売上がない場合どれ位の期間、会社を維持できるかということです。

 

以前、手元流動性は月商の2ヶ月分は最低必要と申し上げましたが、

固定費でいえば、本来人件費と地代家賃の1年分を確保しておきたいところです。

この資金を常時維持出来れば、非常時にも慌てず経営することが出来ます。

 

まず資金を確保した上で、利益を出していきますので、この原資は借入金でも大丈夫です。

手元資金を最大化し収益性を向上させて自己資本比率を高めていくということを

常時、心がけていきたいところです。

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930