コラム

緊急事態宣言が発令され

 

こんにちは。

 

コロナウィルスが終息する気配は未だ見えていません。

今回、特措法に基づいて緊急事態宣言が発令されましたが

外出の自粛要請や、学校、百貨店、映画館などの使用、

イベント開催の制限・停止を要請することについては法的拘束力がありません。

 

私権の制限になるので慎重に対応すべきなのでしょうが

そうであるならば、やむを得ない状況で国民の私権を制限する際には、

法律に基づき行う必要があると思います。

法的拘束力を持たなければ、政策が徹底出来なくなりますので

結果として大損害を被る可能性も出てきます。

 

日本は法治国家ですので、法的根拠なく私権を制限すると人権侵害になります。

ただ、いざという時に法的強制力がなかったら、統制能力や危機対応能力が

発揮されないことになり、国民の命を守れないことに繋がります。

 

なお、拘束力を持つと、当然いろいろな制限が行われますので

同時に相応のしっかりとした保証や補償も必要になってきます。

 

平時と有事では違いますので、危機的状況に対応する為には、

法的な欠陥を改める必要があるのではないでしょうか?

 

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031