コラム

気になる外交

 

こんにちは。

 

安倍政権は任命した菅原経済産業相が公職選挙法違反の疑いで辞任しましたが

政権運営に明らかに緩みが出ていると感じます。

最近、外交面でも気になることが出てきています。

 

米中貿易戦争は覇権戦争なので長期化するでしょう。

民主主義と共産主義や基本的な思想の違いがありますので

米中戦争は単なる貿易戦争ではないのです。

 

中国はこの戦争で経済的に疲弊してきていますので、露骨に日本に

近づいてきています。

日本の政治家はこれ幸いと中国に接近しています。

安倍総理は日中関係は完全に正常な軌道に戻ったと言い、

来春には習近平国家主席を国賓として招待するとのこと。

 

これをアメリカのトップは、どう感じるでしょうか?

裏切り行為と思われても仕方ないのではないでしょうか?

 

そもそも国賓であれば友好関係が前提であるはずです。

尖閣周辺は中国公船が常駐の状態になり、領海侵犯も頻発しています。

また、今回北海道大学教授がスパイ容疑で拘束されていることが判明しているにも関わらず

日本政府は行動を起こそうとしていません。

もし、冤罪であれば普通の国なら迅速に釈放を要求したり、軍事力や経済制裁を示唆して

取り戻そうと努力するはずですが・・・・

 

嘗て天安門事件が起き世界が対中制裁をしていた時、日本は中国の孤立化の回避を訴え

西側の首脳として初めて当時の海部首相が訪中した後、欧米に先駆けて対中制裁を解除し、

天皇陛下の訪中を実現させ中国の国際社会への復帰を手助けした経緯があります。

その当時の恩義を感じているならば、上記の様な態度は取りようもないはずですが・・・

やはり、どの国も国益が最優先なのです。

 

日中関係が悪いより良くなるのが好ましいのは言うまでもありません。

しかし、外交は背景があります。

日米関係より日中関係が重要な位置づけになる事は、ありえないはずです。

理由は、中国は日本の領土を狙っているからです。

先日のペンス副大統領の演説でも尖閣問題を取り上げ、同時に日本についても懸念を

示しているようにも思えます。

 

今回、アメリカが要望していたホルムズ海峡の安全確保のための

有志連合構想には参加せず、独自に派遣する方針を決めたのも如何でしょうか?

友好国であるイランとの関係を悪化させたくないのでしょう。

ということはアメリカとイランの両方にいい顔をしようと思っていることになります。

本来日本のタンカーを日本が防衛するのは寧ろ当然ではあります。

現時点では有志連合に参加表明は数カ国なので日本も入らなくても

大丈夫では・・・・と思っている節がありますね。

 

こういう判断の積み重ねで外交関係を毀損することになるのを

日本の政治家は気がついてないのでしょうか?

いざ、中国が尖閣に侵攻した時に、日米関係が悪化していれば

アメリカは日本を助けるでしょうか?

アメリカの軍事力が背景になければ尖閣は確実に奪われます。

 

日米関係は、日本にとって死活的に重要性なはずです。

ここ最近の外交を見ていると不安を感じずにはいられません。

皆さんは如何でしょうか?

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31