コラム

株主構成

 

こんにちは。

 

法人経営者の皆様は申告書を税務署へ提出されますが、

株主の構成を表示している別表2はご覧になっていますでしょうか?

この別表2は、同族会社であるかどうかの判定をするために作るものです。

恐らく多くの経営者は、自社の株主構成のことは殆ど気にされていない

ように思います。

 

通常の法人であれば、社長や親族で、50%超か2/3超の株を

所有していますので、経営権には全く問題がありません。

 

しかし、株式の贈与や売却など異動があれば、その都度記載事項を

変更する必要があります。

平成2年の商法改正までの株式会社であれば発起人が7人以上必要でしたので

名前だけが記載されているということもあるかもしれません。

 

事業承継を考える場合には、まずはこの別表2の株主構成がベースに

なるでしょうから、この表の株主構成が本当に正しいのか確認が大切です。

そして、今後この株主構成をどうするかを考える必要があります。

 

ご存じの通り株式は、その株数分だけ会社の財産を持っているわけですので

設立の時に出資して貰った友人や、取引先の株主、従業員などに

分配してきた株式については再考が必要かもしれません。

 

今は良くても、その後関係がなくなったり、悪化したりすることは十分あり得ますし

株主が亡くなってしまったり、社員が退職したりすると

その株はどうすべきか、誰がいくらの金額で買い取るのか等、

会社の業績が順調であれば株価も上がっていますのでいろいろな問題が発生します。

 

親族についても、多くの親族に株を分散していると

事業承継時に、後継者への株式を集中させることも難しくなってきます。

 

そういう将来の事も考えた上で株主構成も見ていく必要がありますね。

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31