コラム

電子申告の流れは加速

 

こんにちは。

 

確定申告業務は終わり、会計事務所の方々もほっと一息の所も

多いのではないでしょうか?

 

弊所では法人・個人の確定申告は殆ど電子申告で行っています。

相続税は今までソフトが違う影響で紙ベースでしておりましたが

今回、ソフトを統一し贈与、相続税も今後は電子申告で提出することにしています。

 

さて、先般の税制改正で青色申告特別控除を65万円から55万円に

引き下げることになりました。

ご存じの通り、不動産所得又は事業所得を営んでいる青色申告者には、

利点の一つとして所得金額から最高65万円又は10万円を控除するという

青色申告特別控除があります。

65万円の適用を受けるためには、正規の簿記の原則、所謂複式簿記により

取引を記帳することが必要になっています。

 

今回の改正で65万円から55万円に全て引き下げられてしまうのかと言えばそうではなく

1.その年分の事業に係る仕訳帳及び総勘定元帳について、

電子帳簿保存法に定めるところにより電磁的記録の備付け及び保存を行っていること

2.その年分の所得税の確定申告書、貸借対照表及び損益計算書等の提出を、

その提出期限までに電子情報処理組織(e-Tax)を使用して行うこと

のいずれかの要件を満たす場合には、現行通り65万円の控除が適用できます。

 

上記でお分かりの通り、今回の改正は、電子申告の普及を図ることが大きな目的でしょう。

従って、紙媒体での申告では青色申告特別控除の控除額が少なくなり

結果として納税額は増加します。

今回の改正は、控除額65万円に関するものですから、

簡易簿記などの場合の控除額10万円の規定は現行通りです。

 

実際に電子申告は利便性が高いので、まだ利用されていない方は

ご利用されては如何でしょうか。

 

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031