コラム

割安な株の判定について

 

こんにちは。

 

先日、お客様から株購入の判定材料としてPERについて

質問されましたので今回はそのお話をします。

 

まず、PERはPrice Earnings Ratioの略語で、株価収益率と呼びます。

計算式は、

株価 ÷ 1株あたり当期純利益

です。

 

PERは1株当たり利益に対し、株価が何倍まで買われているかを表しています。

これは、 会社の利益と株価の関係を表していて割安性を測ることができます。

一般的には、『PERが低いほど、会社の利益に対して株価が割安である』

といえます。

 

例えば、前期の1株当たり利益が30円、現在の株価が600円ならPERは20倍です。

来期の1株当たり利益が50円と予想された場合、PERが同じ20倍ならば

株価は1,000円の水準まで買えると判断するわけです。

 

因みに、このPERの目安は、時代とともに変化しますし、

業種によっても特徴がありますので、同じ業種の収益状態、

将来の収益予測等、会社の評価と比較して判断する相対的な基準となります。

また、1株当たりの利益が、土地売却等の収益があると

その期だけ利益が増えますので、PERが低下して割安感が強くなる可能性があります。

 

現在の日経平均株価のPERは15倍程度です。

もし、PERが10倍の会社があったとすると、

その会社は当期純利益の10年分で会社の株が

売りに出されているという理解になりますので、

15倍の平均に比べて割安な価格であると判断できます。

 

投資額を毎年の利益で回収するとしたら何年かかるかを示す指標であり、

その数字が短いほど、早く投資額を利益で回収できるので、

割安で良い投資先ということがいえます。

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930