日常のこと

明けましておめでとうございます。

 

皆様、明けましておめでとうございます。

本年も宜しく御願い申し上げます。

 

2018年がスタートしました。

今年は戌年(戊戌)ですね。

五行で言えば「土」同士の組み合わせになります。

土の性質は変化で戊戌の干支は土が重なりますので、

変化するにはいい年となります。

比和で変化にも勢いが増すことになります。

 

今まで躊躇していたことに勇気をもって取り組んでみては如何でしょうか?

 

今年も皆様にとって素晴らしい1年になりますよう祈念致します。

 

 

 

大晦日になりました。

 

こんにちは。

 

今年も今日で終わりますね。

1年が経つのは本当に早く感じます。

皆様の1年間は如何でしたでしょうか?

 

今年は、政治・マスコミの劣化が顕著な年でした。

眼前の重要議案を放置し、政権打倒のためなら嘘でも通してしまおうという

子供たちの教育にとっても良くない事案が多かったように思われます。

日本を貶めようとする隣国のプロパガンダ等を含め、国際社会は

奇々怪々な所はありますが、日本自体が筋の通った行動を示すことで

世界の規範たる地位を確立して欲しいと願います。

 

東京株式市場の大納会の終値は2万2764円と26年ぶりの

高値となりました。

実感が湧く景気向上局面ではないかもしれませんが、

下がるよりは上がった方が良いですね!

 

皆様のお陰で今年1年も素晴らしい年になりました。

心より御礼申し上げます。

来年も皆様にとって更なる飛躍の年になりますよう祈念致します。

 

どうぞ良い年をお迎え下さい。

 

経営者の矜持

 

こんにちは。

 

仕事柄、多くの経営者とお付き合いをさせていただいておりますが、

稀に現場で社員に対して感情的に怒りを打つける方もおられます。

感情的に叱られると社員も萎縮するかもしれません。

 

以前に読んだ本では、

名経営者といわれる方は理想が高いので

厳しく叱咤する方が多いようです。

ただし、叱った後にはフォローもするのも欠かせません。

 

目指すべき正しい理念、考え方があるので

現実が離反しているときには怒りが生まれるのでしょうが

そのエネルギーが組織を正しい方向へ導く力になるのでしょう。

 

社員もそれを理解するので怖れられるだけでなく、

畏敬の念を持たれるところも多く見られるとの事です。

 

経営者は組織を牽引する人ですので

怒るほどの真剣さや情熱がなければ、

それは出来ないと思います。

 

それが、組織にとって不適切な行動と思うことに対しては、

厳しい指摘になるでしょうし、繰り返し注意しても改善せず、

この人にはこれ以上言ってもムダと判断した人には、

二度と指摘しませんし、会わなくなる可能性もあるのでしょう。

 

行動力のある経営者の方は、実直で素直な方が多く

まず、人の話を聞き、いいと思ったことを実行し、

結果が出るまで継続してやり続けます。

 

経営者も常に正確な判断が出来るよう自己研鑽し、

自分を客観視、俯瞰して反省することの重要性も

理解されているのだと思います。

 

私も常に研鑽を積み重ねていかねばと改めて感じました。

 

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031