日常のこと

米中貿易戦争から・・

 

こんにちは。

 

米中貿易戦争が激化してきています。

中国は莫大な対米貿易黒字を背景に、南シナ海を始めとした軍事拠点の拡大が

顕著になっていました。

また、知的財産の収奪や中国進出企業に対する技術移転の強要、

産業補助金による貿易の歪曲化など目に余っていた現状に

アメリカも漸く対処をし始めたようです。

 

いままでしてこなかった中国の人権問題も批判し始めたところをみると

本気で対中国に対処する現れといえるでしょう。

これは次期覇権主義の争いでもありますので暫く続くことになりそうです。

 

そんな最中、日米首脳会談が行われ、日米間でTAG(日米物品貿易協定)の締結に向け

交渉が開始されることになりました。

TAGは「物」の貿易に関する協定であり、「物」+「サービス」(金融も含む)の

協定であるFTAとは違い対象が物だけに限定されています。

 

トランプさんは日本への貿易赤字から日本へ圧力を掛ける旨を話していましたが

上記の交渉継続中は自動車などへの関税引き上げ措置は発動しないことと

農産物については、TPPである経済連携協定交渉で農産物の関税引き下げに合意した

レベルまでしか下げなくていいということで合意しました。

 

現状の外交では対中関係を考えると日米関係を最優先し安定を図る必要があることは

論を俟ちません。

 

トランプさんから発信される言葉を見ると、今回の日米会談には満足してるようですので

安倍政権は頑張ってある程度の成果を出したといえるのではないでしょうか。

ただ、日中友好も大切だと思いますが、日本企業の対中直接投資経済、

日中通貨スワップ、自動車大手企業、電機大手企業がEV車対応のための工場拡大とか、

リチウム電池日中協同開発を進めるようですが、アメリカの対中姿勢を理解した行動を

取らないともしかしたら制裁対象・・・なんてことになるかもしれません。

 

これからの政権の舵取りはより慎重に国益に沿う運営を望みます。

 

電力不足を解決するには・・・

 

こんにちは。

 

最近、日本国内では災害が多発しています。

台風での大阪を中心にした被害、地震による北海道の被害と

被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

 

今回の北海道での地震は厚真町の被害は特に深刻でした。

多くの方が犠牲になり自然災害の恐ろしさを再認識しています。

お客様のなかに地震発生時に道南に滞在していた方もおられ、

フェリーにて本州へ出られたとのことでした。

 

地震発生後、道内全域で停電が発生し漆黒の闇の世界が暫く続いたようで、

現在、道内電力の半分を供給している苫東厚真火力発電所が停止してしまい、

発電機の回転速度にあたる周波数が需給バランスが崩れて乱れたことにより

電力の供給を自動的に遮断する仕組みが作動したことによるといわれています。

 

幸い、今の時期なのでそれほど総需要量も多くないでしょうが、

真冬だったとすると、被害はかなり拡大していたことでしょう。

高齢者、乳幼児などがいる病院などで停電が数日続くと、

考えただけでも恐ろしくなります・・・

 

現在、泊原発は停止中ですが、この原子力発電所の出力は200万kWですので

代替電源としての太陽光発電などの自然エネルギーがまだまだ不安定であるならば

安定的な電力確保の観点からは再稼働も一考の余地があるかもしれません。

因みに東日本大震災での福島原発事故は地震に伴う損傷ではなく津波が原因で

ありましたので、現在はいずれの原発も十分な津波対策が施されているようです。

 

原発に対するアレルギーも多いと思いますので、マスコミの方々も

原発リスクを煽るだけでなく、正確で詳細な情報を国民に発信して

国民が判断しやすくすることも責務であるといえるでしょう。

 

人工造形物の適正な管理の必要性

こんにちは。

 

皆様もご存じの通り、先月初旬の大雨により愛媛県は大きな災害に見舞われました。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

大洲や野村町などは洪水に見舞われ、上流の野村ダムの放流操作が適切だったかを

問う声も多く上がっているようです。

野村ダムは灌漑や水道用水にも使う多目的ダムのようです。

利水目的であれば水は貯めておく必要がありますが、水害を防ぐ治水目的ならば

出来うる限り少なくしておかねばならないという矛盾した目的を持っていたといえます。

 

仮に治水を目的としたダム建設では、予め洪水規模を想定してダム計画を進めますが

想定以上の降雨量があれば、ダムは洪水の調節機能を失って、逆に水害を増大させます。

 

野村ダムのデータでは、7月5日深夜までに放流して75%ほどへ低下していました。

6日未明から雨が強くなって早朝から放流量を段階的に増やし、

午後3時くらいには毎秒260トン程度流して、一時70%を切るところまで下げて

7日午前3時頃までは、貯水率は75%以下であったようです。

午前2時以降に1時間に30㎜近くに達し、同時に貯水量が急上昇し、

3時間後の午前5時過ぎには貯水率は100%になり、異常降水時防災操作という

大量放流を開始したとのことです。

 

午前8時前には安全基準の6倍以上もの量を放流した結果、肱川の氾濫に繋がります。

放流量を急激に増やしたことで、被害が拡大したのではないかという思いは

やはり持たれてしまうかもしれません。

また、貯水率は最低でも70%をキープしていたということですので

もっと貯水率を下げておけなかったのかということもあるでしょう。

判断は難しいところがあるかもしれませんが・・・

 

今回の経験は、今後必ず活かして頂きたいと思います。

管理運用が適切になされるよう切に願うところです。

 

税に関するコラム 日常に関するコラム

Archive

Calendar

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031